白砂隆の子育て投資日記

~はじめは誰でも初心者です~

アドベントカレンダーにエントリーした悪夢をみたので。【Splathon Advent Calender 2018-12-18】

time 2018/12/18

これはSplathon Advent Calendarの18日目の記事です。 前日のにっしーさんの記事はこちら

こんにちは。おとーと申します。
創造主かわくぼっくすさんがアドベントカレンダーやるぞーっと言い。いつも村でお世話になっている私としては何か書かねばという気持ちと、自分なんかの記事が皆さんにお役に立てないのではないかという気持ちがいっぱいで、アドベントカレンダーにエントリーしたもののまったく記事が書けないという悪夢にうなされるようになったため邪気払いでエントリーさせていただきました。

※本投稿には「」という表現が多数登場します。「」とは「Splathon(スプラソン)」という社会人コミュニティーを指します。スプラソンについて詳しくはかわくぼっくすさんのアドベントカレンダーの記事をご覧ください。

最初に「おとー」の発音ですが、花鳥風月星組とっとことらこうさんを筆頭に「ドクターコトー診療所」の「コトー」みたいなアクセントで呼んでいただけることが多いですが、
ドラゴンボールという漫画のチチというキャラが牛魔王を呼ぶときの
おっとう」というイメージで呼んでいただけるとちょっとだけ嬉しいです。(ま、どっちでも良いですw

さて、自己紹介はこの辺にしまして。。
アドベントカレンダーにエントリーしてさらさらーっと自己紹介&自身のスプラトゥーン振り返りネタを書いてみたのですが、アドベントカレンダーの皆様の記事を拝見しますと結構内容が熱くてですね。。
ボツにしました(笑)
ボツ投稿はこちらで公開しています。

で、出直しの再考ネタを投稿させていただきます。

~イカ本編~

sponsored link

はじめに

私は村の中でもかなりオッサンの位置に属する40代です。
オッサンの特性を活かし、過去の自慢語りを交えながら、今後の自分がウデマエXを目指すためにやることの見直しをしてみます。
誰得!?

読者の対象者は、
「半年後に私がめきめき上達していた場合は、ウデマエA~S+0でお悩みの方」
となります。
長文が苦手な方オッサンの自分語りが苦手な方は、ブラウザバックしていただいて、半年後の私の成長に驚いたときに気になったら読んでいただければと思います。

過去の栄光自慢

私は一回やるとガッツリやるタイプなので過去に吹奏楽Tubaという楽器。アーチェリーという競技。この二つで自己満足を得られるくらいの成功体験をしてきました。
スプラトゥーンのウデマエ換算でXパワー2400~2500くらいの領域には達成できていたかと思います。

吹奏楽での成功例

  • Tubaという不人気金管楽器で高校2年生~卒業まで部の首席奏者を務める
  • 街の楽器屋、他校の演奏会などを訪れると、見知らぬ人たちにヒソヒソと「(あそこに居るの、○○(高校)のチューバやで)」と言われる
  • 市民の金管楽団にお誘いいただき演奏会に参加する
  • 海外コンクールに出場している小学生金管バンドにパート指導者としてお誘いいただく
  • 見知らぬ女の子から手作りお菓子のプレゼントをいただく(結構怖い)

アーチェリーの成功例

  • オリンピック代表選手達と共に練習するくらいの実力になる
  • 他校の若い女子からキャーキャー言われる(最初だけです。。若い女の子は何年か経つともっとすごい選手を発見し流れていくのです。。)
  • 市の体育振興会主催のアーチェリー教室の講師を依頼される
  • 団体戦全国2位の学校の合宿に招待される(当て馬ポジションではあるが。。)
  • 見知らぬ女の子から手作りお菓子のプレゼントをいただく(結構怖い2w)

アーチェリーも吹奏楽もかなりやり込みましたが両者とも私は地理的な引っ越しなどの要因によってばったりやらなくなってしましました。
※継続するには毎日多大な時間を要したし極めるには大変な道になると思われたので逃げたという表現もあてはまるかも知れません。
※※いずれも継続のために、ずっと練習していても受け入れてもらえて納得できるランニングコストの練習場所が必要でした。

吹奏楽とアーチェリーの共通点

吹奏楽アーチェリーもまったくの初心者の状態から始め、頭角を現すのに半年かかり、自分のピークに達するのに1年半~2年くらいかかりました。
その中で共通する数々の大切なことがあったように思います。
これを整理してみます。

吹奏楽をやっているときの日常

  • 朝練、昼練、放課後の部活これを正月以外は休まずに繰り返します
  • 練習は以下のような流れ
  1. なわとび(ウォームアップ)
  2. 軽い筋トレ(主に腹筋と体幹を鍛えるもの)
  3. ロングトーン
  4. ロングトーン
  5. 指回し
  6. 曲の練習(パート練習や合奏も含む)
  7. ロングトーン
  8. 軽い運動

といった感じです。
ロングトーンが非常に大切です。
音に安定感を持たせるために運動は欠かせません。

アーチェリーをやっているときの日常

  • 吹奏楽と変わらず、毎日弓を握ります。弓の無い時もイメトレで射撃までのフォーム確認を日々行い続けます
  • 練習は以下のような流れ
  1. ジョギング30分(身体をあたためる)
  2. 軽い筋トレ(体幹を鍛えるもの)
  3. 素引き(矢をつがえずに弓を引くこと。実戦に近い筋肉の筋トレになる)
  4. 近射(的を狙わずに巻き藁に矢を射る。フォームを安定させる)
  5. 近射
  6. 的撃ち(36射か72射。時間のある日は144射。いずれもスコアを付けながらやる)
  7. 近射
  8. 近射(予備:72射以上的を撃った場合は入念に近射する)
  9. 軽い筋トレ(※練習後の筋トレを重要視していました)
  10. 15分ジョギング
    からの、、
    バイトまで片道5㎞は往復ランニング

日常の共通点

吹奏楽のロングトーン、アーチェリーの近射
いずれも実戦には程遠い基礎なのですがこれが本当に大切で。これをしっかり継続するだけでおそろしくその後のキャパが広がりました。
また、それを支えるための体幹トレーニング下半身強化も無くてはならないものです。
毎日の練習に差し支えないために練習後の軽い運動も必須です。これをやらないと毎日の練習がきつくなりました。

恵まれていた環境をふりかえる

吹奏楽

たまたま入った吹奏楽部。部としては弱小でした。が、顧問の先生がマンガに出てきそうなキャラクター。
有名なフルート奏者で吹奏楽は大嫌い。子どもも嫌い。だから吹奏楽の部活なんて放置。本当にうまい子には吹奏楽部を辞めるように勧めるような先生。
しかしそれでも有名な奏者なのです。練習方法や心構え、音楽に関する知識がすごい。一人の生徒として先生に聞けばなんでも教えてくれました。
そして、先生のもとで熱心に練習していると、先生がOBの先輩に声をかけてくれまして。プロのジャズトランぺッターの先輩が練習を見てくれるようになりました。めちゃくちゃ怖い人。しかしそれで飯を食っているから当たり前です。
プロの厳しい目で見てもらいながら練習の日々。上達しないはずがありません。先輩のつてでいろんな方に見ていただいたりして、会う人会う人違うこと言ってたりして混乱したりもしましたが結局各自言っていることは間違っていないのですよね。やり方は千差万別、人それぞれ。いろいろあって良いじゃないにんげんだもの!

アーチェリー

これまた、偶然入ったアーチェリー部。創立2年目の大学、創部2年目のアーチェリー部。当然弱小。ただ、広島県という地理関係が幸いしました。広島は日本屈指のアーチェリー大国。
弓を売りに来るアーチェリーショップセールスマンのおじさんが、当時のオリンピック日本代表団のコーチを務める人で、弦などの消耗品を売り込みに来てくれる都度、練習をちょこっと見てくれました。
そして、当時オリンピックの女子日本代表選手が学校の近所に住んでて普段の練習場所が遠いからこの学校で練習させてあげてくれないか?みたいな話になり。こちらとしては、ねがったりかなったり。
日本のトップクラスのコーチに練習を見てもらったり、オリンピック選手の練習や道具を目の前で見ることが出来るという非常に恵まれた環境となりました。

そして、アーチェリー大国広島。学校の週一の体育の教科にアーチェリーがあり、その授業を見に来てくれていた学外の先生が素晴らしい経歴の選手でした。
先生自身30歳過ぎてからアーチェリーをやり始めて2年で国体選手となった経験の持ち主でして、上達のための最短経路を把握している人でした。
アーチェリーの授業を手伝います!という体で週一ふたコマの授業に乗り込み、授業前や授業後にちょこっと先生に診てもらう。
こんなことができました。

ほんと、あらためて思い出してみるとめちゃくちゃ恵まれた人生だったなぁと思います。

吹奏楽とアーチェリーのエッセンス

ここまで長文となってしましましたが、あらためて自分の脳内から共通点を絞ります。

  • 毎日練習は欠かさない
  • 基礎が本当に本当に大切
  • 毎日の基礎練習を支えるために運動は欠かせない
  • 上手い人は練習を頑張っている人を粗末には扱わない←これ本当にそう
  • 基礎練習を頑張るからこそ本番でメンタルが安定する
  • メンタルを支えるためにルーティーンは非常に有効
  • 教えてくれる人によって全然いうことが違うことがある。が、すべて一度は聞き、受け入れるべし←信じて受け入れる心と色々やってみる心。長い目で見て損は無い
  • 猛烈に長時間練習するより朝から晩までちょこちょこ練習を続けたほうが効果が高い(結局一日中練習していることになるけどw)

そしてスプラトゥーンへ。。

スプラトゥーンに取り組む上で現在の環境はどうか?
もう言うまでも無いと思います。にスプラトゥーンのトッププレイヤーさんが多数居ます。
自分がその気になればトップクラスのプレイヤーさん達といつでもプラベなどで肌で感じることが出来る環境です。
真摯に練習に取り組んでいれば何かアドバイスを求めても快く答えてくれることに違いありません。
↓いかずちさんに惜しみないフィードバックをいただいた動画※このフィードバックのおかげでムツゴ楼の勝率が7割超えました!!!

私は今日の今日まで本当に漠然とスプラトゥーンをプレーしてきました。
たった
まず今日から。
新たな自分を創るための行動へと切り替えていきます。

すなわち、、

  • 軽い運動、軽い筋トレをプレーの前後に実施する
  • 試し撃ちに始まり試し撃ちに終わる ※試し撃ち以外のプレーは試し撃ちを消耗しているという扱い
  • 頑張って練習を続けられたなら、上手い方にどんどん教えを請う

これをまずは半年続けてみます。
2019年6月末まで。

吹奏楽アーチェリー最初のブレイクまで半年かかりました。
なかなか上達しない中、半年ほど頑張って頑張って練習して、、手ごたえが感じられたのがだいたい半年です。

今日からが私のスプラトゥーン道のはじまりです。

みなさま半年後の私を見てください。
現在のウデマエは
エリアS+0(最高S+1)
ヤグラS+0(最高S+2)
ホコS(最高S+0)
アサリS+0(最高S+0)
どこまで伸びるか!?
(こんな自分を追い込んで大丈夫?(笑))

2019年6月末に半年間の総括の投稿をさせていただこうと思います。
よろしくお願いいたします。
m(__)m

Splathon Advent Calendar
の19日目の記事は、みんな大好き、いかずちさんによる『リスク管理について
です。

とりとめもない長文にもかかわらず最後まで読んでいただきありがとうございました。
m(__)m

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

↓ポチッと応援お願いします~↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
※それぞれ1日1ポチのみ有効です。

~プロフィール~

白砂隆(しらすなたかし)

白砂隆(しらすなたかし)

2015年12月楽天証券で株式投資デビュー その半年後、楽天証券で日経225先物miniデビュー さらに5カ月後、楽天証券FXでFX取引デビュー の投資初心者です。 Yahoo!ファイナンスの黒岩泰先生の株価予想に心を奪われ、お名前いただきました。 黒⇔白 岩⇔砂 泰⇔隆 2009年長男誕生 2012年長女誕生 の2児の父でもあります。 よろしくお願いいたします。 m(_ _)m [詳細]

カテゴリー

過去投稿

Views